FC2カウンター
現在視聴中のアニメ
コメント・トラバ・リンク
コメント トラバ リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中。 1日1回クリックしてもらえると嬉しいです。
管理人紹介
HN:berugu
年齢:15歳
職業:高校生

常に好きなものが変わっている、飽きやすい性格の高校生。そのため意気込んでブログを再開しても、また更新する回数が減っていたり……。細く長くやっていきます。

最近は短文中心の構成に変わりつつあります。

メールアドレス
berugu0117@yahoo.co.jp

@を半角にして送信してください。

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
いぬかみっ 第26話 ヒカリっ!

フラノ「あいつをやっつけたら、放送じゃ言えないようなサービス、い~っぱいしちゃいます♪」


前回の25話「絶望の宴」は、見終わった後呆然として感想を書けませんでした。
なんですか、あの内容は。
原作があるアニメの終わり方はいいのが少ないですが、最近見た中で最悪に近い内容でした。

いぬかみっ!の原作8巻の内容は「大妖弧や赤道斎を打ち破る話(邪星は過去の話でしか出てこない)」なんですが、原作でさえかなり不満があるんですよね~。
その8巻と同じような内容で、アニメの最終回間際といったら悪いものと悪いものが重なって最悪な内容になりますよ。

でも、次回予告はよかったです。
美少女が出てくるアニメはいくらでもありますが、変態が出てくるアニメは少ない。
変 態 万 歳 ! ! !


ここまでは、26話を見る前に書いたものです。





さて、ここからは26話本編の話。


ようこや薫のいぬかみ、さらには変体達にまで人気があり、やけに信頼されている啓太。
啓太は皆の活躍により、もとの体に戻れた。
啓太パワーにより、みんなの士気が上がる。
そして戦いがあって、邪星を倒してハッピーエンド。


変体ほとんど活躍してないじゃん!!

原作8巻ではもう少し活躍があったのに、アニメではほとんどなし。
25話の次回予告で期待してたのに……。




こんな感じでいぬかみっ!は終了しました。

面白かった回は
第2話「マッチョがぺろぺろっ!」
第6話「ぴったりともはねっ!」

つまらなかった回は
第24~26話。

ここまで読んでればわかると思いますが、僕はどうやら変体好きのようです。

だって変体かっこいいじゃん!
変体が好きでなにが悪い!

いちおう言っておきますが、僕は変体じゃないですよ。
いぬかみっ!に出てくる変体さんが大好きなんです!




アニメ「いぬかみっ!」  完っ!

「薫を探す」とか言っていましたが、たぶん第2期はありません。
映画の方でそのことはやるんでしょうか?
ちなみに「薫探し」は原作でも同じように行われていますが、まだまだ見つかりそうにありません。




24時間後ぐらいに追記
この記事は誰の感想も見ずに、聞かずに書きました。
そして書き終わった後いくつかのブログを見て、頂いたTBとかも見て思ったんですが、最終回肯定派がほとんどなんですね。
否定派はうちだけなんですね。
なので、もう少し詳しく「なぜ否定派なのか」を説明します。

まず、僕はこのアニメに望んでいること。
それは美少女とか、萌とか、エロとかではありません。

いぬかみっ!でよく見られる流れは下のような感じです。


①普通の作品だったら取り上げないような人の出現
 マッチョやストリーキング、覗き間など様々
 時には薫のいぬかみ達やようこの場合もある

②それらのものが行動を起こす
 第2話では、マッチョが啓太に襲ってくる
 第6話では、ともはねが毒入りケーキをようこに食べさせようとする
 第19話では、薫のいぬかみ達が序列のことで啓太のところにくる

③あるきっかけによって啓太に、見ている人にとっては笑える不幸が降り注ぐ
 第2話では、啓太がマッチョをなんとか飼い慣らす
 第6話では、ともはねのケーキを啓太が食べてしまう
 第19話では、啓太が壷の力を使っていろいろしようとするが、空回り

④後味のいいエンド
 視聴者や読者を納得させるような終わり方をさせる


この流れが大好きでした。

しかし最終回周辺では「バトル」や「いぬかみ達の想い、信念」が主。
確かに絵はかっこよかったかもしれません。
でも、それは他のバトルアニメでやればいいこと。
僕が望んでいるのは上に書いたような、思わず笑ってしまうようなアニメなんです。

いぬかみっ!の最終回は、最終回のみを見ればとてもいい出来だったかもしれません。
しかしその前に築いてきたものが、最終回ではあまり生かされていないんです。
もし以前に、薫のいぬかみ達の意思の強さをがわかるような回があったら、ようこが啓太への想いを語るような回があったら、変態さんがたくさん出てくるようなアニメでなかったら。
これらの要素があったなら、最終回はとても意味のある回になったのではないかと思います。
スポンサーサイト
2006年7月以前 | 【2006-09-28(Thu) 02:30:47】 | Trackback(-) | Comments(-)
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。